【2021年10月】キラリ★な書

勝尾寺 境内のいたるところにダルマおみくじ

こんにちは。えんぴつくらぶ長興寺教室・曽根東町教室の中井由香里です。
先日、初めて勝尾寺に行きました。勝運の寺として知られるお寺の境内には、かわいらしいダルマおみくじがいたるところに並んでいました。澄み切った秋の空と、紅葉しはじめた山のコントラストが鮮やかで、高台から見る景色はとても素晴らしかったです。

それでは、2021年10月のキラリ★な書のご紹介です。

《毛筆作品》

Aさん 「平常心」
力強く、勢いのある見事な作品です。堂々としていて素晴らしいです。

Mさん 「自由」
縦画を太く、横画を細く、を心がけてしっかりと書くことができています◎

Mさん 「注もん」
さんずいへんの形や、「主」の横画に変化をつけているところなど、よくお手本を見て書けています。
「も」の形もきれいですね。

Yさん 「イネ」
起筆・収筆をきっちりとできています。
「ネ」の転折もしっかりしており、芯の強さを感じさせる字となっていて、とてもいいですね!

《硬筆作品》

Sさん 「相手の話を・・」
一行の中に上手に文字を配置できました。
字の形もよく整っており、漢字を大きめに、ひらがなを小さめに書くこともできています。

Aさん 「川を わたって、・・」
集中力を持って、一字一字ていねいに書き上げました。
トメ、ハライがしっかりできており、たいへん上手に書けました。

Eさん 「きのはがいろづく」
とてもきれいに書けています。マス目の中に、きちんと字を収められているところもたいへん素晴らしいです。

それでは、来月のキラリ★な書も楽しみにしていてくださいね!

「髙砂会 創の書 第13回会員展」が、兵庫県立美術館にて11月20日(土)~11月23日(火)に開催されます。
詳細は改めてご案内いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

こどものお習字教室「えんぴつくらぶ」長興寺教室・曽根東町教室の講師 中井由香里です。こども達が字を書くことが好きになってくれるようなレッスンを心がけています。

目次
閉じる