【2021年8月】キラリ★な書

手持ち花火。夏の色、音、香り。

こんにちは。豊中市のお習字教室、えんぴつくらぶ長興寺教室、曽根東町教室の中井由香里です。
長い夏休みが終わりましたね。外出もままならない夏休みでしたが、今年はオリンピックや高校野球、ただ今開催中のパラリンピックなど、テレビやWEBを通して多くのスポーツ観戦ができたのは大きな励みとなりました。
数々の試練を乗り越えて来ただろうアスリート達の姿は、本当に格好いいですね。
それでは、8月のキラリ★な書のご紹介です。

《硬筆作品》

Sさん 「たいようさんさん」
たいへん上手に書けました。「い」、「ん」はお手本そっくりです。お見事!

Rさん 「あさがおの・・」
一字一字、お手本をしっかり見てきれいに書けています。
どの字もマス目の真ん中に書けているところも素晴らしいです◎

Rさん 「わたしは、・・」
できるだけ大きく書こう、という目標に合わせて、大きく見栄えよく書けました。
「絵本」が特に上手に書けましたね。

Rさん 「夏と秋と・・」
線質が柔らかく、スムーズになって来ました◎
日常では見かけない異体仮名も、かなを学んでいく上ではとても大切です!

《毛筆作品》

Hさん 「い」
よい筆の運びができていますね。起筆、はねるところ、収筆がていねいに行われていて素晴らしいです。

Aさん 「やま」
大きくのびのびとした良い字です。
ひらがなは曲線や回転が多く、漢字より難しい部分もありますから、本当によく書けていると思います!

Cさん 「水まき」
落ち着いたやさしい線で書けました。
毛筆は筆一本でさまざまな表現ができますから、やさしく書いたり強く書いたり、いろいろ試してみても楽しいと思います。

Aさん 「静かな湖」
ていねいで清楚な作品です。
テーマ通り、静かな湖の情景が目に前に浮かんでくるようです。

今日ご紹介した作品の中には、自宅で一生懸命練習し、作品を送ってくれた生徒さんのものもあります。
子どもたちの努力や、それをサポートしてくださったご家族のご協力を本当にありがたく思います。
1日でも早く、安心安全な、穏やかな日々が戻りますように。
それでは9月のキラリ★な書もお楽しみに!

この記事を書いた人

こどものお習字教室「えんぴつくらぶ」長興寺教室・曽根東町教室の講師 中井由香里です。こども達が字を書くことが好きになってくれるようなレッスンを心がけています。

目次
閉じる