【2021年1月】キラリ★な書

美しい筆記具

こんにちは。大阪府豊中市の書道教室 えんぴつくらぶ長興寺教室、曽根東町教室の中井由香里です。
年が明けて、もう一カ月も経つのですね。年々スピードアップしているような気がします。

それでは、早速2021年初のキラリ★な書をご紹介しますね。

《硬筆作品》

Sさん 「あたらしい、とし」
ひらがなの曲がる線がきれいに書けていて、たいへんすばらしいです。
これからも書くことを通して、指や手首を柔らかくして、ますます器用さんになってもらいたいと思います。

Hさん 「しんねんをいわう」
マス目の中央に、大きくしっかりと書くことができました。
「ね」「を」は難しい形のひらがなですが、とてもバランスよく上手に書けています。

Mさん 「男の子が・・」
字をきれいに書くだけでなく、漢字を大きめに、ひらがなを小さめにすることに気配りができています。
1枚1枚、意識を集中して清書できていて素晴らしいです。

Aさん 「音楽が・・」
たいへん美しく書けました。整った字がきれいに並んでいます。
Aさんは清書する前の練習ノートの字も本当にきれいで、私は「上手上手!」と言いながらクルクル丸をつけています。

Yさん 「濡れてほす・・」
コツコツと練習を積むことで、行書のやわらかい線が上手に書けるようになっています。
課題には難しい字や連綿も出てきますが、「継続は力なり」の成果がしっかりと表れています。

《毛筆作品》

Yさん 「三」
美しい字を書くための「三」の法則に挑戦し、見事に書き上げた秀作です。
一画目は少しすくうように、二画目はまっすぐ、三画目は少し伏せる。
この法則を「三」を含む漢字(例えば、王や春など)で活かせるようになると、美しく書ける字がたくさん増えますよ。

Tさん 「小」
起筆は力強く、背筋がスッと伸びるようなきれいな縦線。ハネもハライもトメもしっかりしています。
こんなにきれいに書いてくれて感激です。花マルです!

Rさん 「福笑い」
お正月らしい課題をバランス良く上手に書けました。字の大きさ・配置も安定しています。
特に「笑」という字が伸びやかに書けていて、明るい気持ちにさせてくれる良い作品です。


今年も力作ぞろいになりそうで、私はワクワクさせてもらっています。
皆さまも楽しみにしてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

こどものお習字教室「えんぴつくらぶ」長興寺教室・曽根東町教室の講師 中井由香里です。こども達が字を書くことが好きになってくれるようなレッスンを心がけています。

目次
閉じる