【2022年5月】キラリ★な書

まん丸な毬のような紫陽花でした

こんにちは。大阪府豊中市のお習字教室、えんぴつくらぶ長興寺教室・曽根東町教室の中井由香里です。
もうすぐ関西も梅雨入りのようです。爽やかな晴れた日が貴重になりますね。
それでは、2022年5月のキラリ★な書のご紹介です。

《毛筆作品》

Sさん 「い」
力強く、たくましい「い」です。
たくさん作品が並んでいても、ぱっと目に飛び込んでくる力のこもった書です。

Kさん 「五」
起筆・収筆の筆づかいが素晴らしいです。
曲がるところ、最後の一画のふせる線も見事に書けています◎

Kさん 「友だち」
ていねいな運筆で美しい字が書けました。
「友」の右ばらいもとっても上手です◎

Mさん 「遠足」
難しい「遠」を、バランスよく書くことができました。
重心が通っており、とても安定感があります。しんにょうの形もいいですね!

Kさん 「成功」
線がいきいきとしていて、のびやかな気持ちの良い作品です。
トメ、ハネ、ハライの筆づかいもとても上手にできています。

《硬筆作品》

Rさん 「そらにこいのぼり」
しっかりとした運筆で、とてもじょうずに書けました!

Eさん 「あかいかお・・」
集中力をもって、一字一字ていねいに書き上げていて素晴らしいです。

Hさん 「南風が ふいて・・」
たいへん上手に書けています。
特にひらがなは、本当に形が整ってきました。

Yさん 「言葉遊びを・・」
画数の多い漢字がたくさんありますが、字の中心を通すことに注意しながら
上手に書くことができました。素晴らしいです。

Sさん 「かれらは歴史を・・」
トメ、ハネ、ハライが明確です。
それぞれの字の形もしっかりと捉えて、引き締まった美しい字が書けるようになってきました。

Aさん 「物語全体を・・」
三行の課題は、字数の異なる行をうまく配置して書く必要があり、とても難しいです。
文字の大きさや字間を調節して自然な流れで書けており、たいへん上手な作品です。

新学期スタートから2カ月が経ち、子どもたちも今の学年になじんだ様子です。
新1年生が、もうすっかり小学生のお兄さんお姉さんの表情になっていて感心させられます。
それでは、来月もお楽しみに。

この記事を書いた人

こどものお習字教室「えんぴつくらぶ」長興寺教室・曽根東町教室の講師 中井由香里です。こども達が字を書くことが好きになってくれるようなレッスンを心がけています。

目次
閉じる